LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。

本ブログは雑記ブログです。 人生の中で感動したこと、気になること等々を紹介していきます。 「あわよくば」という下心を抱えて更新していますので悪しからず。

THETA Sを持ち歩くときはストラップをつけて首から下げるのが最適解

先日、THETA Sを購入しました。
詳しくはこちら。

www.fantabulouslife.net

サイズも手のひらサイズだし、軽いし、THETA Sは持ち歩くのにうってつけ。
一眼レフカメラを構えるのと違って、すっごく気楽に撮影できますからね。
だからこそ、その気楽さを強化することが、THETAライフを充実させるには良いと思うんです。

THETA Sへストラップをつけるための専用アタッチメント

THETA Sにはストラップをつけるための隙間等はありません。
デザイン優先だったのでしょうかね。
個人的には今の可愛らしいフォルムが気に入っているので、問題ありません。

じゃあTHETA Sにはどうやってストラップをつけたらいいの?
それは底面に空いている、三脚用のネジ穴を使えばいいんです!

画面のTHETA S、底面の中央にある穴です。

f:id:fantabulous:20160731154048j:plain

この穴は通常の三脚で使用するサイズです。
なので、すでに三脚を持っていれば、そこにそのままつけるだけ。
また三脚のネジサイズに対応していれば、なんでもつけられます。

私が実際に使っていて、なおかつおすすめなのは「ATTACHMENT for STRAP AT-1」です。
これはRICOH公式から販売されている、ストラップ用アタッチメントですね。
ストラップ用のアタッチメントなので、これがあればあとは好きなストラップがつけられるのです。

これは初代THETAの時から販売されているものです。
まさにロングセラー商品なんですよ。

ストラップ用アタッチメントをつけたままで、「充電」もできるし、「ケース」にも入れられます

それでこれ、例えばAmazonなんかのレビューを見ちゃうとちょっと勘違いするかもしれません。

例えば、「このアタッチメントをつけたままだと、USBで充電できないの!?」とか、「これでストラップをつけたまま、ケースに入れられないのかよ?!」とか。

でも大丈夫です。
きっとそれは初代THETAだけで、THETA Sなら問題ありません!

アタッチメントをつけたままでも充電はできます。

f:id:fantabulous:20160731154106j:plain

アタッチメントをつけたままでもソフトケース(THETA S同封品)に入れられます。

f:id:fantabulous:20160731154124j:plain

だからこのストラップ用アタッチメントの購入を迷っていた人は安心して下さい。
これはちゃんと使える、イイヤツですから。

THETA Sを持ち歩くときの最適解

今のところ、私の中で最適解となっている方法は下記の通り。

THETA S同封のソフトケースに入れ、ストラップ用アタッチメントに好みのストラップをつけて、首から下げながら持ち歩く。

こうすることで、撮りたいときに気楽に写真を取れますし、レンズが服に擦れて傷つくことも気になりません。
まさに最適解!
※もっといい方法とかあれば、ご教示いただければ幸いです。

ぜひお試しあれ。

©2016-2017 LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。