LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。

本ブログは雑記ブログです。 人生の中で感動したこと、気になること等々を紹介していきます。 「あわよくば」という下心を抱えて更新していますので悪しからず。

SKAGENの腕時計の電池交換をした記録

数年前に購入したきり、どこかへ逃げられていたSKAGENの時計が出てきました。
しかし電池は切れ、動かない・・・。

せっかくなので電池交換を自ら行った記録として残します。
ちなみにこの時計はSKAGENの233XLTTNモデル。一目惚れして購入したものです。
※写真の時計は電池が切れて止まっています

f:id:fantabulous:20190429143250j:plain

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK 233XLTTN メンズ 【正規輸入品】

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK 233XLTTN メンズ 【正規輸入品】

 

購入後、ベルトの修理に出したまま行方知らずとなっていましたが、最近出てきました!

1.腕時計の裏蓋を開ける

電池交換のため、裏蓋を開けます。SKAGENの印字と正対して左下部分に突起が微妙に出ています。竜頭のすぐそばのところ。

f:id:fantabulous:20190429144037j:plain

この突起にマイナスドライバーの先端を突っ込んで、テコの原理で開きました。
壊れるかもわからないので、丁寧にしましょう。

サイズとしては、3.5mmでは隙間に入らず、1.5mmではなんとかなりました。
何回か失敗して、細かい傷がついてしまいましたが、今更なので気にしません。

フタを開けるとご覧の通り。SONYのボタン電池が入っていますね。

f:id:fantabulous:20190429144413j:plain

ここからドライバーを使って電池を取り出そうとしましたが、うまくいきません。
パーツ全体を覆っているプラスチックの覆いが引っかかっている様子。
なので取りました。※自己責任です

f:id:fantabulous:20190429144550j:plain

プラスチックの覆いを外したら、割と簡単にボタン電池を取り外すことができました。

取り外したところは下記写真の通り。
オレンジ色のなんでしょう、なにかしらのパーツが美しいですね。

f:id:fantabulous:20190429144617j:plain

ここまでで電池を外すことができました。あとは新しい電池を用意するだけ。

2.電池を用意する

SKAGENの233XLTTNで用いられている電池はSONYのSR920SWです。
これは1.55Vで直径9.5mmで厚さ2.0mmとなります。

かつてはダイソーなどの100円ショップで互換品が取り扱われていたようですが、現在では無いようです。3店舗回ってみましたがどこにもありませんでした。

そのため、事前に購入することがおすすめ。ネットショッピングなら確実に手に入りますから。

今回用意したのはPANASONICのSR920SW。
ヨドバシ・ドット・コムで夜に注文して、翌日お昼すぎには届きました。ありがたい。

f:id:fantabulous:20190429145315j:plain

パナソニック 酸化銀電池 1.55V 1個入 SR-920SW

パナソニック 酸化銀電池 1.55V 1個入 SR-920SW

 

SONY製品と比べてみた。完全に一致しています。
ちなみに電池は素手で触れないほうが良いらしい。またピンセットなどで縁以外を持ってしまうとショートの恐れがあるようなので、要注意です。

f:id:fantabulous:20190429145455j:plain

3.電池交換をする

最後に用意した電池をSKAGENの腕時計に突っ込むだけ。キレイにハマります。

f:id:fantabulous:20190429145547j:plain

残りはプラスチックのパーツを入れ込み、裏蓋をはめ込めば作業終了です。

こうして、いま一度息を吹き返した腕時計。SEIKO5と交互に使っていこうと思います。

f:id:fantabulous:20190429145814j:plain