LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。

本ブログは雑記ブログです。 人生の中で感動したこと、気になること等々を紹介していきます。 「あわよくば」という下心を抱えて更新していますので悪しからず。

いつかの事件を防ぐため、MacでRAID 1を構築して写真保存への安心を確保した

形あるものいつか壊れる、のです。
大切な写真データがたくさん入っているわたしの外付けHDDも無論、あなたのHDDだってそう。大切なものを失ってから気づくのではなく、失う前に備えておきましょう。

2019年になったので、そろそろ重い腰を上げ、写真保存に対して安心感を確保するため、HDDのミラーリング化、RAID 1化を決めました。

今回は写真データの保管についての検討と実行について記します。

1.写真データ保管のいくつかの方法

皆々様方におかれては、多大な苦悩と苦労を重ねているかと想像に難くない、写真データの保管方法。
その多岐にわたる方法の中から、その時点での費用や時間効果を考えて、一番現実的な方法を取っていることでしょう。

わたしがはじめに検討した、実現性を脇においておいた管理手法は以下の通り。

クラウドサービス+自宅+実家

もっている写真データの全てにおいて、クラウドサービス、自宅のHDD、実家(または自宅とは異なる場所)のHDDに分散して保管する方法。
これが実現できれば、何も怖いものは無いのだと思います。

クラウドサービスで言えば、Amazon PhotosがRAWファイルのまま膨大な写真データを保管できるので、一番優秀なのではないでしょうか。
Googleフォトでは圧縮されてしまうようですからね。

クラウドサービスと自宅だけでは、やはり一抹の不安は残りませんか。そこで、自宅から離れた場所、例えば実家などにもHDDを保管しておけば、安心感は増します。
まさに最強では。

クラウドサービス+自宅

上記案から実家をなくした場合です。安心感という点では、多少は減るかもしれませんが、クラウドサービスが大手業者であれば、ほぼほぼ心配はいらないように感じます。
そう、Amazonならね。

クラウドサービス利用のネック

しかし、クラウドサービス利用にはネックがあります。
それは潤沢なネット環境が必須という点。

わたしの場合、自宅のインターネット接続にはWiMAXを利用していますので、三日間の通信容量は10GBという限界値があります。
すでに膨れ上がった写真データは1TBを超えていますので、仮に1TBをアップロードしようとした場合、かなりの時間がかかります。

単純計算で三日間で10GBの限界を超えないため、1日3.3GBのアップロードを重ねていった場合、約304日≒10ヶ月もの時間が必要となります。
その間、WiMAXを利用した動画の視聴などはかなり制限されるので、とっても辛い日々。
とてもとても現実的ではありません。

仮にWiMAXでない、光ケーブルなどでもアップロードの通信量には制限がかかることが常なので、かなりの時間を要することでしょう。

それだけの時間と覚悟があれば、クラウドサービスの活用はできるのです。しかし、わたしにはできそうにない。

自宅+実家

クラウドサービスは諦め、自宅のHDDと実家などにHDDを保管した場合です。

2つの箇所が離れていればいるほど、両方共が同時に災害などで消失する可能性は低くなるでしょう。
ただし、両方のデータを最新に保つためには、クラウドサービス利用でもネックとなった、インターネット環境の脆弱性が足を引っ張ります。
そのため、一定期間ごとのデータのアップデートが必要になり、面倒ではあります。

しかしながら、これが現状では現実的に思える気もします。

自宅

上記案から実家などを除いたパタンです。
場所的な制限はかからず、自宅ですぐできるので一番簡単で、自宅のHDDで保管する方法。

保管の際、HDDをミラーリングしたり、RAIDのどれかを組んでみたり、複数のHDDを活用する方法ですね。

2.どの方法で写真データを保管するか

今回選択するのは、自宅でのみHDDを利用する方法でした。

自宅のHDDを冗長化し、なおかつ同様のデータを実家でも保管するのもできなくはないですが、その場合だと必要となる機材の数が増え、あんまりコストパフォーマンスが良くないと思ったからです。

3.具体的な写真データの保管方法

ここからは実践編。Macで外付けHDDをミラーリングして、そこに写真データを保管するだけです。

今回利用したのは外付けHDDの容量4TB×2台です。それぞれのメーカーを変えることで、安心感を増しています。あくまでも安心感。
わたしが購入した時点では、それぞれ9,980円と10,980円でした。

MacでRAID 1(ミラーリング)を構築するのは非常に簡単で、ディスクユーティリティを利用するだけです。超簡単。

まずはディスクユーティリティを起動し、それぞれのHDDを見てみましょう。

f:id:fantabulous:20190203212439p:plain

f:id:fantabulous:20190203212445p:plain

さっそくRAID 1を構築していきましょう。

ファイルメニューからRIADアシスタントを選択します。

f:id:fantabulous:20190203212836p:plain

RAIDのタイプを選びます。
今回はHDDの高速化ではなく、データを複数HDDに保管することによるデータ冗長化、安心さを確保したいため、ミラーリング(RAID 1)を選択し、次へ。

f:id:fantabulous:20190203212851p:plain

使用するHDDを選択します。間違っても現在使っているHDDを選択しないようにしましょう。
しっかり確認して、外付けHDDを選びます。f:id:fantabulous:20190203212904p:plain

続けてプロパティを設定します。
名前とフォーマット、チャンクサイズを選択できます。

わたしは習慣的に、新しい保存媒体には好きなヒーロー名と使用開始年月日をつけます。

フォーマットはデフォルトのMac OS拡張のままです。例えば同じHDDをWindowsでも扱いたい場合は、別のもの(MS-DOSやexFAT)にしましょう。そうでないと読み込むことができなくなります。

またチャンクサイズは画像の説明書きにもあるよう、ビデを処理に使用する場合は大きめが良いらしいです。わたしの場合、基本的に写真データを扱うため、デフォルトの32Kのままにしました。

f:id:fantabulous:20190203213038p:plain

RAIDを作成する確認が表示されます。間違えないように気をつけましょうね、ほんとに。

f:id:fantabulous:20190203213056p:plain

問題なければ、実行し、RAIDが作成されるのを待ちましょう。少々待てば完成です。

f:id:fantabulous:20190203213119p:plain

f:id:fantabulous:20190203213125p:plain

完成したRAIDをディスクユーティリティで確認してみます。
RAID 1が構築され、2台の外付けHDDがUSBでつながっていることがわかります。

f:id:fantabulous:20190203213217p:plain

これでRAID 1の構築ができました! このボリュームにデータを保管しておけば、2つの外付HDDに保管されるため、片方が潰れてもデータは消えません。
片方がやられたら次のHDDを用意してあげれば、再び安心を取り戻せます。

続いて、実際にデータを移していきましょう。

4.Lightroomで写真データの保管場所を移動する

わたしは写真の管理・現像にAdobeのLightroomを利用しています。
このアプリケーションを利用している場合、写真データの保管場所をFinderなどで移動させてしまうと、データの参照ができずに面倒なことになります。
そのため、Lightroomのアプリ上から写真の移動をさせることとします。

Lightroomを起動し、フォルダーを新たに読み込みます。
事前に新しく作ったボリューム(保管場所)にフォルダを作っておくと便利だと思います。わたしの場合は、Photosというフォルダ名を作成しました。

そして、従来の外付けHDDに保管された写真データをドラッグアンドドロップで新しい保管場所へ移動させます。それだけ。そうするとデータ移動の作業が開始されます。

f:id:fantabulous:20190203213229p:plain

このとき写真データが70,861枚あったので、移動させるのにおよそ30時間を要しました。

その間、Lightroomを利用したり、パソコンの電源は落とすのは避けたいため、余裕のある日程をみて移動させるか、少しずつ移動させたほうがいいと思います。

というわけで、2019年になり、ようやく写真データの保管方法をRAID 1(ミラーリング)とし、安心感を得ました!
今年1年間も楽しく写真撮影生活を送れればと思います。

皆様、写真データの保管については、ご安全に!!