LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。

本ブログは雑記ブログです。 人生の中で感動したこと、気になること等々を紹介していきます。 「あわよくば」という下心を抱えて更新していますので悪しからず。

IIJMIOのSIMカードを即日サイズ変更したいならビックカメラへ行こう

つい先日まで、わたしはIIJMIOのみおふぉん(音声機能付きSIMカード)のmicroサイズのSIMカードを使っていました。
これはASUS ZenFone2 laserがこのサイズだからだったわけですね。

ところがつい最近、iPhone7を購入しました。

www.fantabulouslife.net

iPhone7では、SIMカードのサイズがnanoSIMなんですね。
そのため、使用中であったmicroSIMをnanoSIMへ変更する必要があるのですが、郵送等で手配すると、携帯電話が使えない期間が生まれてしまいます。
そのため、ビックカメラのカウンターで即日対応をしてもらってきました。

非常に便利だったので、その詳細をご紹介します。

1.ビックカメラのBIC SIMカウンターとは

ビックカメラの複数店舗では、BIC SIMカウンターという受付を設置しており、そこで格安SIMの契約手続き等を対面で対応してもらうことができます。
格安SIMの多くはインターネットでの申込のみで、ちょっと不安があるかもしれません。
そういう場合、こうした対面のカウンターで申込をすれば、多少の費用増にはなりますが、安心ですね。
しかも全国で175店舗もあるので(2016年10月24日時点)、非常に心強い存在です。

www.iijmio.jp

またこちらのBIC SIMカウンターで行っているサービスは主に下記のとおりです。

  1. BIC SIM音声通話パックの新規契約
  2. 他社からのBIC SIM音声通話パックへのMNP転入
  3. その他BIC SIMに関する各種案内
  4. SIMカードの再発行
  5. SIMカードのサイズ変更
  6. SIMカードの追加

今回、わたしが利用したのは上記の5番のSIMカードのサイズ変更です。

通常、カードサイズの変更手数料は¥2,000(税抜)ですが、ここに即日発行手数料が¥1,000(税抜)が加わり、1枚あたり¥3,000(税抜)となります。
¥1,000だけ増額となりますが、即日で対応してもらえると思えば、安いものです。

2.即日でのSIMサイズ変更の流れ

実際にSIMカードのサイズ変更をした際の流れを紹介します。

2.1.BIC SIMのカウンターの受付時間に注意!

まず注意する点は、店舗の営業時間!
例えば20時まで営業していたとしても、19時50分なんかだとカードサイズ変更を受け付けてくれません。
カード変更の手続きに時間がかかるからですね。

参考までにわたしが渋谷のBIC SIMカウンターで伺ったときには、20時までの営業で、19時頃までは受け付けてくれるとおっしゃっていました。
また大宮のBIC SIMカウンターでは、同じく20時までの営業で19時30分頃までは受け付けられるとのことです。

ただし、いずれの場合にもその日の混み具合によっては即日対応が難しくなる可能性が残っていますので、余裕を持って申込に行きましょう。

2.2.BIC SIMカウンターで用意するものに注意!

さて、営業時間内にカウンターで受け付けてもらったとして、次に気をつけてほしいのがその場で必要となるもの。
これがないと対応してもらえないでしょう。

  1. mioIDまたは登録メールアドレスとパスワード
  2. 本人確認書類

上の2つが最低でも必要です。
すでにみおふぉんを契約している場合、間違いなくmioIDをお持ちだと思いますが、当日のカウンターでIDとパスワードが必要となりますので、お忘れなく!
わたしもとっさに思い出せず、ちょっと時間がかかってしまいました。

また本人確認書類も必要ですが、こちらはきっと普段から持ち歩いているでしょうから、大丈夫でしょう。

その他注意事項等は公式サイトで確認下さい。

BIC SIMカウンターのご案内 - BIC SIM powered by IIJ

2.3.BIC SIMカウンターでの対応の流れ

さてさて、カウンターの営業時間内に、必要な書類や情報を保持して臨んだあなた、あとはもう安心です。
あとは店員さんに従って、作業を行うだけ。
下記はわたしが実店舗での対応して頂いたときの流れです。
※店舗によって違いがあるかもしれませんので、ご参考までに。

カウンターでの対応は、まず何が目的でやってきたのかを確認し、シートにチェックマーク等で記入します。
その後、実際の申請を行いますが、これはタブレット端末を使って行います。

まずはmioIDまたは登録メールアドレスとパスワードを使って、タブレット上でログインします。
その後、SIMカードのサイズ変更を行うため、どのサイズにするのか等々を入力・選択していきますが、スタッフの方が丁寧に案内してくれます。
また本人確認書類はタブレットのカメラで撮影し(対応のスタッフが行います)、アップロードします。
そうして最終的には、各種注意事項を確認し、そのことをタブレット上でチェックし、手続きが完了します。
ここからは待機時間となりますので、半券を手渡されます。

IIJIMIO側での変更手続き等があるため、およそ30分ほど待つ必要があります。
ですので、営業時間ギリギリで行っても、対応してもらえないんですね。
また申請完了から10分もしたら、今まで使っていたSIMカードの通信はできなくなり、順調に処理が進んでいることが実感できます。

この30分の待ち時間、ビックカメラの店舗内だったらあっという間ですよね。
わたしはこの時、RICOH THETA S用の自撮り棒を購入しました!

そして30分が経過したら、再度BIC SIMカウンターへ伺い、半券を手渡します。
あとはちょっとした諸注意等々を聞いて、希望のnanoSIMカードを頂けました。

ここまで30分の待ち時間を含めても50分にも満たない時間でした。
早い!!

SIMカードのサイズ変更に限らず、即日で対応や店員さんに直接対応してもらいたい場合、BIC SIMカウンターはオススメです!

©2016-2017 LiGO - Life Goes On - 今日も、明日も、いつも。